小倉神社から柳谷観音・西山古道コース

前回書いたように、森歩きの会が中止になったので
どこか歩きに行きたいと、ネットで調べていたところ
西山三山でもある柳谷楊谷寺がヒットし、なおかつハイキングコース地図まで見つけた!!

これは行くしかないでしょう!!
この日(6/8)は午後から雨が上がるという天気予報だったし、昼前に旦那さんは出掛ける予定だったので
家事を全部済ませて、出る準備をしていました。


ハイキングコースは阪急西山天王山駅から出発。

今回は、最寄駅から京阪電車:淀駅まで行って、そこから阪急バスで西山天王山駅に向かいました。
はじめてこのルートを使いましたが、めちゃくちゃ便利です。
バスは10分くらい、家からでもなんと30分で西山天王駅まで着きました~♪
実は長岡京市、近いんだ!!

12:00.
阪急西山天王山駅に到着。


画像




入手した地図は、阪急電車のイベントのハイキングで使ったコース。


画像





駅の観光案内で、このコースについて聞いてみたら
楊谷寺までは1時間くらいで行けるとの事。
私が、出る前にネットで調べた情報でも1時間くらいって書いてたし
まぁ、そんなものかな。
小倉神社は、以前天王山に登った時にも行ってるし、大丈夫でしょ!!
と、軽い気持ちで12:05スタート。



小倉神社。



画像





ご神木もご健在。


画像





本殿も新しくきれいになっていました。



画像





こうして見ると、なかなか立派な神社です。



画像





ここは天王山への登山口でもあります。



画像





はじめは竹林。



画像





ここは右へ登ります。
途中までは天王山への道と一緒です。


画像





途中、こんなのが出来ていました。
この辺りのNPOの団体の方々が作られたようですよ。


会員募集もそうだけど、ちょっと「カフェ天空」で一休みしながらお話でも聞かせていただこうかしら???
と、思ったら、土曜日は12時で閉店でした~残念。



画像





竹林の後は、雑木林に。
午前中までの雨があがり、ムシムシしてきたら
やたら獣臭が漂う。
入り口に、熊出没注意!とか猿見かけました~とか怖い看板があったけど
まさかこんな山で熊???と軽く受け流して入山しました。
まぁ、この時期は熊は出ないだろうけど、お猿さんはよく出没してるからね。
1人歩きで、一応私も女性だしね。
熊鈴もつけてないし、本当無防備。
にわかに恐怖感に襲われ、足早になる。


そうそう…この辺りで黒い蛇と遭遇。
マットな黒蛇だったんだよね・・・そんな蛇っているかな??

私の動体視力は当てにならないのだけど、今黒いものが向こうで飛んだ???
と思いながら見てみたら、小動物ではなく蛇でした~



画像






やっと、見覚えのあるところに到着。
ここは天王山に行く道との分岐。
順調、順調。


画像







「おつかれさま」の看板に癒されます。

実はここにデジタルの時計が設置されているんです。
見たら、12:50。
え~~~~~!!!もうスタートから45分も経っているの?
ここまでほとんど休まず、時計も見ないで来たのです。
そんなゆっくり歩いたつもりはないんだけど。
むしろビビッて、足早にきたんだけど。
全然、順調じゃないじゃないの。



楊谷寺まで1時間って言われたのに、あと1.3キロある。
1.3キロなら、あと15分で着く計算。
でも地図で見ると、柳谷まで1.3キロ?もっとあるような気がする。
どうなってる?この看板・・・



画像




しかし、ここからはほぼ下りでした。
これなら早いかも?

でも、こちらの斜面は地面が濡れて滑る滑る・・・
しかも下り。
この日に限って、ストックも持ってきていなかったので
降りるのは大変でした。


ここはまだマシでしたが、この後写真を撮る余裕なし。
この辺の山も花崗岩なのか、流れる水が山道をU字に削って、深い50センチ以上の溝が二段にできていました。
どこを歩けばいいのかわからない。


画像







ただひたすら下を見て、転ばないように必死に降りていたら
やっと人里に出ました・・・

しかし、人影は全然見られず。
カエルの声だけが聞こえる。

多分、この辺りは人間よりカエルの方がたくさんいるかも。




画像






上の地図では、この道路を左へ・・・と書いていますが
右に曲がっても行けたようです。
車道で、弥勒谷十三仏のところに出ます。

たぶん距離は同じくらいだけど、こちらの方が歩きやすかったかもしれないですね。




そんなことは、この時は気がつかず
地図が左って書いてるから、左へ・・・


すると鳥居???
このあたりに乗願寺というお寺があるはずなんだけど・・・鳥居?


画像





草ぼうぼうだけど、なにかいわくありげな神社。
見てみたいけど、今日はここが目的じゃないからね。

今調べたら、御谷(みたに)神社というところだったようです。
乗願寺がこの神社の神宮寺だったようです。


画像






乗願寺に到着。

あとで分かったのですが、ここには大仏があったようで
「浄土谷の大仏」、「西山の大仏」ともいわれ、京都府下でも数少ない大仏の一つだったようです。
残念、見てみたかったなぁ。

そう、この辺りは浄土谷といわれる集落で、10軒ほどしか家がありません。
長岡京市にこんな地区があるなんて・・・



画像






しかし、乗願寺まで行くと、コースから外れてしまっているんです。
来過ぎてしまったので、地図上の「倉庫」まで戻ります。

もうここまできたら、時間を忘れて自分のペースで歩くことにしました。

これも今になって分かったのですが、天王山からの分岐の看板の柳谷・金ケ原まで1.3キロという看板は
たぶん柳谷・金ケ原方面に行ける、この道までの距離だったのでしょう。


乗願寺の山号が浄土山。
たぶん裏手の山が浄土山なのでしょう。
その竹林を進みます。
ここが柳谷との峠道のようです。


この日、山道では誰とも会いませんでしたが
竹林は私有地なのか、手入れに来られていたおじさんに会いました。
やっと人間に会えて、ホッとしました。
挨拶をして、ここから楊谷寺までどのくらいかかりますか?と聞いたら
楊谷寺の墓園まで15分くらい・・・と聞いて、やっと安心。


しばらくすると、地図の通り広場に到着。
この辺が峠だったのかな?




画像






少し眺望がききます。
たぶん、八幡方面が見えているのかな?



画像






今度は人工のスギ林。
この辺り一帯だけでも、植生が多種多様です。

ここは、ここの住民の方々の専用の生活道路なのでしょうね。
入り口には「通行止め」って書いてあったけど通れたよ、車も・・・
離合が難しいけどね。




画像






スギ林の間から、高架の道路が見えた!!
地図の通り、まもなく一般道路に出られる~♪



画像





そして、先ほど教えていただいたように楊谷寺の墓苑前に到着。

もうここまできたら、安心です。



画像





ついに到着!!


画像





ここまで1時間半も掛かってしまいました。

ハイキングの地図とYAMAPのGPSを使って歩いてきましたが
行程の時間が思ったより掛かってしまい、不安になりました・・・・
道を間違えたわけではなかったのですが。


しかも、どんな山でもちゃんと装備は必要だと反省。
特に1人で歩く時はね。



と、ここまで書いてから地図をよくよく見てみたら
右上に距離と高低差と時間が表示されていました。

楊谷寺までは西山天王山駅から1時間35分じゃないですか・・・

じゃあ、まぁまぁコースタイムで歩けてたってことね


私がネットで直前に調べた情報でも徒歩1時間くらいって書いていたんですよね。
たぶん、それは車で来る道を歩いた場合だったようです。


下調べは大事ですね
思い立って、即出てきてしまったので。


それと、この辺りの地名

浄土谷、御谷、柳谷、弥勒谷・・・・谷のつく地名が多いですね。

西山の山の中の谷に集落を作って、昔の人たちは暮らしていたんだろうなぁ・・・と思いました。
この辺りは平安以前から、開けていたところだったようです。


今度は、乗願寺も御谷神社もお参りしてみたいと思いました。



楊谷寺へ続く・・・・












この記事へのコメント

2019年06月14日 12:34
「やっと人里に出ました」の場所を左、すぐ先を右に行くと柳谷道へのショートカットです
見覚えがある看板が山道に入る右に曲がるポイントにあります
回り道しても標準タイムとは、健脚ですね
2019年06月14日 20:48
こんばんわ
今夜は読み応えがありましたよ。 本を読んでる感覚でね 面白かったわ でもヤッパリ アイツが出ましたでしょ! やだやだ・・私なら引き返せないし 進めないわ立ち往生ですわ。 なので、行きたい半分 山道はアカンなぁ
勇気があるなぁと感心しますが 用心せねば・・・
2019年06月14日 21:22
こんばんは。

事前に想像されていたよりきついルートだったみたいですね。
U字になっている登山道ってたまに見かけますが、どこに足を置けば良いのかわからなくて歩きづらいですよね。
それに熊出没注意!の看板ということはクマさんがいるって事???ビックリです。

それでもコースタイム通りに出歩かれたのですね
お疲れさまでした(^^)
2019年06月14日 23:02
ヘビ可愛いよヘビ^^
カラスヘビ(シマヘビが色彩変異で黒くなった種)じゃないかなぁ?あれ割と艶無い感じだし。

ヘビはともかく(むしろ連れて帰りたい)クマは嫌だなぁ…なんか最近どこの山でもクマ注意でてるしクマよけ鈴そろそろ買おうかしらん?クマ耳悪いらしいから効果疑問なんだけどさwww

カフェ天空が謎w調べたら「久保川と天王山の森を守る会」という団体が超時間限定で運営してるぽいですね…謎w

植林でもしながらお茶するんですかねぇ…なんか謎w





2019年06月15日 00:39
せきあさん、こんばんは。

そんなショートカットの道があったのですか???
グーグルの航空写真で見てみたら、確かに道ありそうですね。
楊谷寺のまん前に出るのでしょうか?
看板あったのでしょうね。
たぶんそのあたりに小さな池ありました?反対側に。
この集落の人間より蛙の方が多いんじゃないかと思うくらい、その池にはいっぱい蛙がいて、そちらに見とれていたかもです。
今回は何の下調べもせず、阪急電車のハイキング地図を頼りに歩きましたが
少し遠回りだったのでしょうかね?
でも浄土谷から柳谷に出る道は舗装された道路で、それまでのズルズルの道に比べると格段に楽に歩けました

今度は天王山から登って、西山古道経由ポンポン山というルートをお友達と行ってみようと思います。
その時にチェックしてみますね。
2019年06月15日 00:46
かどやんさん、こんばんは

やっぱりどんな山でも1人はちょっと怖いですね・・・
久々に、ビビりました笑
しかも、ちょっとナメテいました。反省です
どうもこの山、携帯も繋がらないようだし
何もなくてよかったですけどね。
しかし、誰にも会わないとは!!
こんなときにアジサイを見に山を歩くなんて、変わり者なのかしら???と思いながら歩いていました~♪
2019年06月15日 00:54
narayama2008さん、こんばんは。

そうなんですよ、この辺で熊出るの???と思いますよね。
ホントにいるのかな???
あの看板だけでも、ドキッとします。
イノシシはいるかもしれませんね・・・あの臭いは。
あまりにも安易に出掛けてしまいました。
前日は雨だったのだから、やっぱりストックは持って行くべきでした
ネットで見たルートと写真は、車の道を歩くコースだったのですが
楊谷寺への歩くルートがそんなにいくつもあるとは思わなかったので
阪急電車のハイキングの地図との相違に途中まで面喰っていました。
まだまだダメですね・・・
2019年06月15日 01:10
月奏曲さん、こんばんは。

今、カラスヘビ調べてみたら、たぶんそうだと思います。
自転車のチューブかと思うようなマットな感じでした。
でも、結構高く飛ぶんですよ~ビックリ!!木から飛び降りたのかな?
近くに行った時は向こう側見てたらか、そそくさと通り過ぎてきました
ホント、こんな山に熊いるの???と思うんですけどね・・・
熊鈴持って行ってなかったし、1人で大きな声で歌いながら歩くのもねぇ。
重低音の音楽でも流しながら歩かないと。

カフェ天空って開店が水曜日と土曜日のみで時間も9:00~12:00.
しかも、ここ登り口なので一般のハイカーはまずお茶には立ち寄らないだろうなぁ。まぁ、このお隣の敷地には小さな畑なんかも作っていたので、仲間内のお休み処かな。
ただ、ここのNPO主催者のメンバーの方と帰り道で出逢うことになるんです。
続きは次回に・・・