「はじめての森歩き講座」  小倉山 嵐山編

12月の森歩きは、嵐山・嵯峨野にある小倉山へ行ってまいりました。
あの「小倉百人一首」の小倉山です。


12月8日、今月はずっとお天気の良い日が続いていたのに
この日だけは朝から雨。
JR嵯峨嵐山駅に着いた時は、なんとか雨も上がりホッ


渡月橋を渡ったところから眺める小倉山。
本当にお椀を伏せたような形のお山ですね~


画像



紅葉の時期には、あんなに混んでいた渡月橋も、閑散としていました。


画像





桂川もこの辺りからは「大堰川」と呼ばれるようになります。
この川の北岸を少し歩いていくと・・・・


画像




そばを屋形舟が通って行きます。


画像





そこへ、この奥にある「星のや京都」の送迎用の舟がやってきて、すーっと追い抜いて行ってしまいました。
なんか違和感があるな・・・と思ったら、
こちらは舟頭さんではなく、エンジンで動いているんだ!!

せっかくなんだから、星のやさんも人力で行きましょうよ・・・

画像





この北岸を少し歩くと、亀山公園への登り口があります。

石碑には「嵐山公園 亀山地区」となっていますね。
でも、通称は亀山公園です。
亀山天皇が火葬された塚があるから・・・らしい。
まさか、亀の形をしている山だから・・・だとか?笑


画像




この案内図の大堰川に沿った左斜め上に伸びる道を今回は歩いて行きます。


画像




まずは、公園内。
この公園自体が小高い山なので、結構階段で登ります。

今調べてみたら
『「亀山」の名前の由来は、小倉山から伸びる尾根で山の形が亀の甲羅のようにこんもりと盛り上がり亀に似ていることから、この名前がつけられたといわれています。』って京都観光のサイトに紹介されていました。
私の推測もまんざらではなかった・・・苦笑

画像




最初の展望所。
亀山公園内では、かなり高いところになります。
ブラタモリでも、ここにタモリさんが来られていましたよ。


眼下に見えるのは、保津峡と星のやさん。


画像




ここまでは、何度か来たことがあります。


この先、大河内山荘の横を通ってもう少し先に向かいます。
前に見えているのが小倉山。


画像




途中、もう一つ展望所がありましたが、スル―。


そして、ここからはいよいよ小倉山への登り口。



画像



ガムテで直すなんて!!笑



というわけで、空模様を心配しながら、
山頂へと向かいました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 月奏曲

    舟が牧歌的でいいですね。

    小倉山って常寂光寺の山号だと思ってたww実際にあったんだ(-_-;)
    2017年12月14日 21:53
  • biore- mama

    月奏曲さん、こんばんは。

    常寂光寺も二尊院、祇王寺も小倉山の麓にあります。
    実は、今回知ったのですが
    嵐山という山もあります。
    大堰川の南岸にある山が嵐山らしいのですが
    渡月橋挟んで両側を、今は嵐山という地名で呼んでいるようです。

    だから、亀山公園も嵐山公園・亀山地区という表記になっているようです。
    嵐山も、実は山の名前でした(°_°)
    2017年12月16日 00:08

この記事へのトラックバック