6月30日は水無月の日

今日でこの1年も半分が終わり。
早いですよね~

京都の神社では、6月30日は「夏越祓(なごしのはらえ)」という茅の輪くぐりの神事が行われます。
この半年の身の汚れを払い、夏になっても夏バテせずに元気でいられるように願掛けをします。


和菓子の「みなつき」は、白いういろうの上に小豆を載せたお菓子。
室町時代の宮中では氷の節句の行事として、氷室から氷を取り寄せて暑気払いをしていました。
しかし、氷は庶民には入手が困難だったため、氷に見立てた作ったお菓子を食べ、
夏の暑さを乗り切ろうとしたのです。
そのお菓子がみなつき。



画像


三角形なのは、四角形を半分に切ったもので
1年の半分として残りの半年を元気ですごせるように・・・ということだそうです。
本当かな???




今では、1年中売ってはいますが
無病息災・厄除けを祈願して、6月30日にいただきます


こういうしきたりは、都合よく取り入れていきま~す♪



そして、明日からは7月。
京都では、1ヶ月にわたり祇園祭が始まります。
私の大好きなひと月が、はじまりはじまり~




"6月30日は水無月の日"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: