初詣&お礼参り

1月9日(日)

この三連休は久しぶりに何の予定も来客もないお休みでした。
お正月で出したいろいろなものを片付けて
2日目は毎年恒例の石清水八幡宮に初詣とお礼参りに行って来ました。


義母や孫たちと来ると、いつもケーブルカーを使うので
表参道を登ってお参りするのは、去年のお正月以来1年ぶり。


一の鳥居。


A8D1DE7D-C2D9-441E-B070-9D2679427680.jpeg



あそこまで登ります。


7FB5E9A6-E617-40C2-9C07-EEB015F6BB61.jpeg


0EDDBDF2-ECB3-4286-9BE5-4CA452997917.jpeg




お天気もよく暖かかったので、参拝客もまだ多かったです。


1E468F96-A927-4195-996A-28E3FACCA0C1.jpeg


????あれれ?

ジャンボ御神矢がない!!!
災厄などから人々を守る弓矢のはずなんだけどな・・・
この神社の風物詩でもあるのに
なぜ???
災厄などから人々を守るという弓矢、武運の神として知られる同八幡宮の年末年始の風物詩。
災厄災厄などから人々を守るという弓矢、武運の神として知られる同八幡宮の年末年始の風物詩。
災厄などから人々を守るという弓矢、武運の神として知られる同八幡宮の年末年始の風物詩。
災厄などから人々を守るという弓矢、武運の神として知られる同八幡宮の年末年始の風物詩。



0C4F858A-6375-4D48-A0DC-EF5BE9F22C10.jpeg




こちら↓が昨年。
この破魔矢が、すごくカッコよくって勇壮な感じがしますでしょ。
気持ちも晴れ晴れするんです。
私は、これが大好きで
これが見たいのもあって、いつも石清水八幡宮にお参りしてお守りをいただいてくるんですけどね。


C6FA0BA5-E0F9-4051-8244-0F16B5AEDF46.jpeg



今年はどうしたものかと思い、神社の方にうかがったところ
写真の通り御神矢は本殿の楼門にくくりつけるられるので、国宝である建物に負担が掛かるということで
今年からは建てないことにしたのだそうです。

ちょっと残念。
確かにそうなんですけどね・・・


でもまぁ、気を取り直して。
昨年、還暦のお祓いをしていただき、無事何事もなく過ごすことができたお礼参りをし
また新しい1年も、みんながつつがなく過ごせることを祈って、新しいお守りもいただいてきました。



展望所からの眺め。

右側に愛宕山が見えます。


5FA8EC81-4E04-423F-A558-06688E814CCC.jpeg



真ん中より少し左に見えるのが比叡山。



4816ACD7-84E2-46D7-9815-E21E2FB2940B.jpeg



帰りは久しぶりに裏参道を下りました。


男山に涌き出ていた霊泉「石清水」
ここから神社の名前がついたようですが。
現在は石清水八幡宮の摂社というあつかいになっておりますが、
こちらが創建以前より祀られていた神様だったのではないかと思います。



C1D86555-DA96-429D-BB71-D085E1758374.jpeg


66DF1C3D-D3AB-4DBC-BEF1-4F5DFBF48AFE.jpeg





下山後、お正月の食べ過ぎと運動不足を解消するため、京阪電車のお隣の淀駅まで歩いてみました。


このもう少し先で、木津川、淀川、桂川の三川が合流します。


まずは木津川を渡り



6F7F2092-F929-4321-9D7A-89B17A811654.jpeg



E663F8E3-7F90-47A7-9A93-57FFB805E9F1.jpeg



次に淀川を渡りました。
そして土手をずっと歩いて、淀駅まで歩いたら1時間ほど掛かり
淀城址などを見ようかと思いましたが、疲れてしまい
丁度来た電車に乗って帰宅しました。


久々にいい運動になりました。


FE1F0A21-3F34-4536-99DF-8AE608C97C10.jpeg






お正月には子どもたち一家も集まり、遅ればせながら
還暦のお祝いをしてもらいました。

誕生日の時も思いましたが、還暦っていいものです。
もう一度生まれ変わって出直すという、とってもいいチャンスをいただけました。
いつからでも出直しもやり直しも本当はできるんですけどね
毎日の生活の中で、そういうきっかけを自分で作るのはなかなか難しいです。

なので、今はとても清々しい気分です。
赤いチャンチャンコには魔法の力があるのか、あれを着ると
これから何でも始められそうな気分になれます(気持ちだけは・・・笑)

ここまで元気に過ごせたことを感謝して
また新しい1年が、スタートします。



D4FD1FE4-B208-4541-8BF3-208D3F56C7E3.jpeg








A8D1DE7D-C2D9-441E-B070-9D2679427680.jpeg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 月奏曲

    あれ?破魔矢やめちゃったんですね
    いや理由は道理なんだけどそれなら別の場所に置くとかなんか考えてほしかったとちょっと思いますw
    コロナ禍においてはコストと参拝客予想が見合わないとかそういうのもあるんでしょうけどそれだとちょっと世知辛すぎますww

    あ~本当はこちらがそもそも信仰の対象だったんでしょうねぇ…
    そもそも自然崇拝からの信仰の場でしょうからねぇ…
    2022年01月13日 22:37
  • せきあ

    還暦を迎えおめでとうございます
    赤いちゃんちゃんこは着られたのですか?
    僕の場合は子供達からお祝いとしてi-padをもらいました
    家内は花をもらったようです
    コロナ禍で子供達にも会えない中での還暦でしたので少し寂しかったですが仕方ないと思わないといけないですね
    男山は表参道、裏参道とケーブルカーを使わずに参拝すると歴史の発見があり楽しいですね
    2022年01月14日 07:59
  • biore-mama

    月奏曲さん、こんばんは。

    そうなんです。予告もなく破魔矢、なくなってしまいました。
    しかも何の情宣もしていないんです。
    むしろお正月から節分まで毎年この破魔矢が石清水八幡宮の風物詩となっています・・・みたいな観光情報なんかも2021年の暮れに他のサイトですが紹介されているんですよ。
    そのサイトも、まさか今年はやってないと気づいてないんですよね、きっと。
    破魔矢、楽しみに訪れる人もいるかもしれないのに・・・
    と、新年早々憤りました笑

    よくあることですが、ビックネームの神様が勧請されると、もともとあった土地の神様が陰に追いやられるのはちょっと失礼だと思う。
    まぁ、こちらは名前が残っているのでまだいい方かな?
    2022年01月14日 23:08
  • biore-mama

    せきあさん、こんばんは。

    ありがとうございます。
    赤いチャンチャンコ、着ましたよ!!
    夫の時に私がにぎやかしに購入しました。
    そんないいものでもないのですが、身内や友人の親御さんにもお貸しました。
    意外と皆さんに喜ばれて私で4人目です。
    この後も3人に貸す予定です笑
    これまで着られた皆さんの福を私もいただき、次の方にバトンを渡すような気持ちです。
    iPadもうらやましいです。
    コロナで会えない分、ZoomやLINEでのビデオ通話を大きな画面でできるように・・・ということでしょうか。
    お祝いしていただけるのは、嬉しいですね。
    2022年01月14日 23:23
  • りー

    こんにちは♪
    還暦、おめでとうございます。
    とても和やかにお祝いされたのでしょうね。

    京都観光もなかなかこっちの方面はいけてなくて、いつか行ってみたいです。
    この破魔矢、青空にくっきり映えてかっこいいのに残念。
    どうにか方法を考えて復活してほしいですね。
    2022年01月15日 09:22
  • biore-mama

    りーさん、こんにちは。

    ありがとうございます。
    家族全員が揃う最後の夜に、夕食後突然始まりました笑
    いろいろお祝いのプレゼントもそれぞれからもらったのですが、
    私の欲しいもの、必要なものを考えてくれてるのが伝わって嬉しかったです。
    次は喜寿!紫色のチャンチャンコ、用意しないと!笑

    さて、破魔矢ですが
    ホント、ほかに建て方あると思うんですよね。
    国宝、世界遺産になると今まで出来ていたことが、出来なくなって
    それもどうなんだろ???って思いますね。
    それも含めて…なんじゃないの?って思うので、なんとか復活してほしいです。
    2022年01月16日 12:32