夫が脊椎管狭窄症の手術を受けまして・・・

息子のうつ問題と重なり
夫が脊椎管狭窄症の手術を受けることになったのです。


首や肩のこりが酷いのは昔からで、夫はずっと整骨院などに通っていたのですが
その場しのぎで、根本的に解決にいたらず諦めておりました。
5年前だったか、高速道路で玉突き事故に遭って、
それが原因でますます症状が悪化したようなんです。

一昨年の11月に、よくある「スーパードクター」を紹介する番組で
首の治療をする先生が紹介され、たまたま私が録画をしていたのです。
すると幸運にもその病院は京都にあったのでした。

早速、電話で夫が診察の予約をしようとしたところ
診察は早くて翌年の2月。約3ヶ月待ちでした。

少しでも診療の時間を短くするために
事前に勧められた病院で首の部分のレントゲンを撮って、それを持参してくるようにと。
2月にそのスーパードクターにレントゲンの結果で診察していただいたら
脊椎管狭窄症の一種で、かなりひどい状態であるとのこと。
すぐ手術しないと、痛みのみならず、
ちょっと尻もちついたり、後ろから押されたりしただけで
下半身不随になる可能性がありますって。
ちょっと怖がらせじゃないの???とも思いましたが、
そうして自分が脊椎管狭窄症だということを知らずに
ある日突然、下半身不随などになる患者さんが多いのです・・・と。
夫は痛みがあったから、逆に早く気が付けてよかったらしい。
やっぱり、痛みというのは必要なものなのだと思いましたね。


すぐ・・・といっても、手術までの道のりは遠く
3週間入院が必要で、その費用が掛かるので皆さん大部屋を希望するわけですよ。
だから5年待ちだったかな?
個室の1日6万円?の部屋ならすぐできるらしい。
手術の内容は一緒なのですが。
どうしても急ぎたい人は、その高い個室でも・・・という患者さんがいるようですが
皆さん、あとで頭を抱えているようです。
個室も何段階かあるようで、大部屋の一つ上のランクを希望したら
それでも2年待ち。
全然急げないじゃないですか!!!!
まぁ、さすがスーパードクターですわ。


でも、ときどきキャンセルも出ることがありますので・・・と勧められ
キャンセル待ちしていたところ、運よく昨年の年末に入院できることになったのです。
約1年間で手術が受けられるのですから、超ラッキーだったと思います。


なぜ、この先生がスーパードクターかというのは、こちらでご覧ください。

手術は2時間で終了。
翌日からは通常の生活で、病院内を歩いてリハビリが始まります。
術部も4センチくらいで、縫合はなしで大きなバンドエイドを張っただけ。


従来の脊椎管狭窄症の手術を受けた方には信じられないくらいのスピード感と軽さだと思います。
TVでも出演していた他のドクターがコメントしていました。
3週間で退院し、1ヶ月後に再診して問題なければ治療は終了。



手術を受けた他の患者さんがその後どうなのかは知りませんが
夫は、確かに痛みはなくなったそうです。
ただ、首を正しい位置にキープしておくのに筋肉痛が残るようですが。
それがリハビリなんですね。
もともと夫がこの手術を受けようと決心したのは、先生の脅し?が効いたのではなく
この後10年は痛みの伴わないゴルフをしたかったからなんです。
お陰で念願だったゴルフも、今はまず練習しか行けていませんが再開できました。



まぁ、こんな風に書くと
めでたし、めでたし・・・という感じですが
入院の前、入院中、退院後ホントに大変でした・・・
入院の前に心残りがないようにって、やりたい放題。
入院中も別に内臓が悪いわけではないからと、夜はほとんどお弁当を買って来て~~とリクエスト。
で、私が病院食を食べるという。
もう、今日は会社帰りに絶対寄らないぞ!!!と思っても
一日ずっと個室で1人でいるのは、飽きてしまうかも。。。と思って、ついつい。
しかも年末年始掛かっての入院でしたので
大掃除はもちろん、それでなくても1人で忙しいのに
いったい何様~~~~!!!という感じで病人を武器にやりたい放題でした。


義母も心配なんだろうけど、家に帰ればその報告を待っているし
洗濯もしないといけないし・・・
お正月は一時退院してくるし、子どもたちも交替で帰省してくるし
ずっと寝不足で、息子のことを心配するヒマもありませんでした・・・



4月末のスモークツリー。
葉っぱだけでも、緑がきれい・・・



P4240504.JPG



花芽も上がってきました。


P5080513.JPG



そして、今日。
もうすぐふわふわになりますね・・・


P5110574.JPG




今こうして、心静かに?ブログをアップ出来ていることに
本当に感謝しています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • こっこの友

    こんにちわ
    あれまぁ その前の記事にも驚いてたんですが まさかまさか・・・
    ご主人さんもそんな大病されてたんですね~またまた驚きました。TVで見るスーパードクターに手術なら
    お金が掛かっても治せるならだれでも思うけど、高額医療・・何とか言うのは使えたでしょ?個室の6万円・・・考えただけでも首を横にするわ。
    ゴルフがしたい? その気持ちが有るなら運動も大事だし当分は我が儘が出るけど多めに見てあげて下さいね。
    こんな事しか言えないけど、お二人とも焦らないで頑張って下さいね。
    2020年05月11日 17:47
  • 月奏曲

    ヤローは甘やかすと赤ちゃん帰りするから断固拒否しないとwww

    うちの父も入院した時母が行くと我儘三昧でウザかったなぁ…
    無表情に私が行くとピタっと黙りやがったけどwww

    なんか知らないけどいきなり自助自立できなくなりやがりますよねぇ…そういうものなんですかねぇ…
    2020年05月11日 22:45
  • せきあ

    奥さんの気持ちが分かる記事です
    僕も年末年始を挟み、1ケ月入院したことがあります
    それから10数年後ガンの手術で1ケ月入院したこともありますが、家族、特に妻には心配をかけたと感謝しましたが当時妻がどんなに一生懸命行動していたのかと思うと・・・
    もっともっと感謝しなければいけないと思いされました
    旦那さんの身体も大事ですが、自分の身体がもっと大事ですよ
    2020年05月12日 08:08
  • すーちん

    おはようございます
    ガーデニングされたり
    ご主人と山登り
    そんなブログに一休みされたのかと
    思ってましたがー
    前回のご子息様の事も読ませていただき
    只々大変の一言です
    ご主人ゴルフ出来るようになって
    ホント良かったです
    2020年05月12日 10:05
  • biore-mama

    こっこの友さん、こんにちは。

    この先生はアメリカでこの手術を開発してやってらしたそうなんですが
    向こうでは保険がないので、100万円以上の手術らしいです、本当は。
    それを日本に帰ってからは、より多くの患者さんを治療するために保険適用させる申請が大変だったようです。
    手術自体は皆さん同じなのですが、差額ベッド代がね・・・重いですね。
    一番高いお部屋を見せていただきましたが、大したことなかったなぁ・・・
    どこで聞きつけるやら、
    患者さんは全国から来られていて、北は北海道、南は鹿児島の方もいらっしゃいましたよ。ご家族も大変です。
    それを思えば、地元というだけでも大変ありがたかったです。
    せっかく手術で治療してもらっても、その後の生活が今までと変わらなければ、また同じことになりますので、今はリハビリをボチボチやっているようです。
    まずは一安心。
    2020年05月13日 09:52
  • biore-mama

    月奏曲さん、こんにちは。

    何なんでしょうね?あの赤ちゃん返りは・・・笑
    確かに痛みは他人にはわからないので
    大変なのかな????とか
    一日個室で1人だと煮詰まってしまうかな???とか
    機嫌よく3週間、入院生活を送って欲しいと思う
    こちらの心配や好意を、巧みに突いてきますよね。
    お母様も大変でした。

    入院前の荷物の準備も、義母に引っ越しでもするんかい?と突っ込まれるほど、いっぱい持って行きました。
    ほとんど出番がなかったようなんですけどね。

    まぁ、この後は好きなゴルフでもやってもらって
    私も好きなことをさせていただきますよ~♪
    そのための手術でもありました。笑
    2020年05月13日 10:11
  • biore-mama

    せきあさん、こんにちは。

    長い入院生活は大変ですね。
    ご本人もご家族も。
    それでも、今せきあさんがお元気でいらっしゃれば
    大変だったことも何も奥さまも忘れていらっしゃいますよ。
    どうか、この後のお二人の生活を大切になさってくださいね。
    (私が言うのも僭越ですが・・・)

    ついつい動けてしまうのでいろいろやってきましたが
    これからは自分も無理は禁物だし
    健康管理は必要だと思いました。
    脊椎管狭窄症・・・痛みがないと気付かない人が多いと聞き
    少し不安です。
    2020年05月13日 10:20
  • biore-mama

    すーちんさん、こんにちは。

    2019年度の前半は、いいことづくしで
    もったいない・・・と思うくらいでした。
    でも、その分後半は悩ましいことが多かったです。
    そんな年もありますよね~
    ブログを休業した11月あたりは、こんな状態の中
    イベントもまだまだ残っていたので
    この先、どうなるのだろう???と思いましたが
    時間がなんとか解決してくれました。
    2020年度はコロナで始まりましたね。
    早く終息してほしいです・・・
    2020年05月13日 10:27