「はじめての森歩き講座」  太神山で出会った植物たち

新緑がとっても美しく、1年で一番いい季節でしたよ。


一番印象的だったのが、マルバアオダモのふわふわした白いお花。

このお花、ずっといろいろなところで咲いていた割には、1枚しか写真を撮っていなくて・・・
また後で撮れる・・・と思いながら、帰ってきてしまったようです

森の中で、白っぽい花をつけた木は、ほぼこのマルバアオダモだったと思うくらい
いっぱい咲いていたんです・・・残念

画像




この季節、白いお花が多いのかな???

こちらはガマズミ。
これも結構見かけましたよ。


画像





ちょっと黄味がかっていますが

ツツジ科のウスギヨウラク。

ツツジ科のお花は、こういう釣鐘型と5枚の花びらのよく見かけるツツジと形が異なる種類があるんですね。


画像




ニョイスミレ
如意スミレと書きます。
何が「如意」なんだろ???と調べてみたら
仏具の「如意」(孫の手のような形の威儀具)に葉の形が似ているから・・・ということらしいです。

別名:ツボスミレ


画像






これは、初めて見たけど怖いよ~~~

お花はこんなに可愛らしいのに。


画像




赤い実も可愛い(これは去年の実のようです)


画像




なのに、これ!!


画像




見てるだけも、痛そう~

「ヘビノボラズ」・・・・う~~~ん、分かる。

可愛い花にはトゲがある?笑




それと、今回の森歩きで私が気に入った樹木。


マルバノキ。
丸葉の木でそのまんま

丸というよりは、ちょっとハートに近いかな?


画像



木自体は意外と華奢で、この大きな丸い葉が風に揺れる様はとっても軽やかで優雅で爽やかなんです。
紅葉もきれいらしい。
庭木に欲しいなぁ。

渓流などの水辺に近いところが好きな樹木なんだそうですよ。




そして春の息吹。


画像




今回は急いで歩いたので、あまり写真を撮れていませんが
しっかり自分の目に焼き付けてきたので・・・

この時期は、ひと言で新緑といってもいろいろな緑色があって楽しいですね。



まさに「山、笑う」でした。







この記事へのコメント

2019年05月14日 07:59
フワフワの白いほこりのような花はマルバアオダモというんですね

今回の太神山もそうですが滋賀の山は岩山が多いのでしょうか?
さらに山の上には人力ではとても重ねれないような大岩が重ね合っていますね
前回の三上山もそうですね
磐座巡りが好きなので太郎坊など行きたい場所が多い滋賀です
2019年05月14日 13:39
こんにちは♪
ご近所さんがアオダモを庭に植えていて、毎年ふわふわの花を楽しみにしています。
先日、庭に植える花木のセミナーに行ってきましたが、マルバノキの斑入り葉「恵那錦」があり勧められました。
紅葉も何とも言えない複雑な色になるそうです。
気になる~
2019年05月14日 22:24
ヘビノボラズ…まんまやんww

マルバノキ、葉っぱ可愛いw
2019年05月14日 23:23
せきあさん、こんばんは。

滋賀の山は巨岩が多いですね~
大体が頂上付近は花崗岩が多く、岩が削れて面白い景色も見ることが出来ます。
どうやってあの巨岩が重なるのか、度々の地震でもなぜ崩れないのか
フシギです。
太郎坊山、よかったですよ!!
紅葉の季節、頂上の太郎坊宮の前にあるタマミズキの赤い色がとてもきれいでしたよ。2013年12月に登っていますので、よかったら当時のブログをご参照いただけると嬉しいです。
2019年05月14日 23:27
りーさん、こんばんは。

アオダモの木は、樹肌もきれいなんですよ・・・
花の時期もふわふわしてきれいだし、葉っぱもそよそよと軽やかで、ホント庭にあったらいいだろうなぁ。
マルバノキに斑入りがあるのですか???
そっちも気になる
庭木も流行りがありますものね・・・できれば今ある樹を全部替えたいけど
おばあちゃん、見送ってからかな笑
2019年05月14日 23:35
月奏曲さん、こんばんは。

ヘビノボラズ、触ってみたけど・・・
やっぱりしっかり痛かったですわ!!ヒトサワレズ
今調べてみたら、これ11月22日の誕生花なんです。
花言葉、気難しさ・・・だって。なんか嬉しくないなぁ。
その点、マルバノキは文句なくかわいい
庭に植えるところないんですけど、鉢植えで育てようかとマジで考えています。
その内、ブログデビューしたら笑ってやってください。