「はじめての森歩き講座」  甘南備山(かんなびやま)

1月の森歩きは京田辺市にある甘南備山でした。



画像




「かんなびやま」とは、神の依りしろという意味で神様が宿る山というのは全国各地にありますが
それを山の名前にしているのは珍しいのではないかと思いました。


また通常の表記では「神奈備山」ですが、ここはあえて「甘南備山」と言われているのには
何かワケがあるのかな???と思いながら、登ってきました。


JR新田辺駅からスタート。

一休禅師が晩年過ごされたという「酬恩庵一休寺」の前を通過。
紅葉の名所でもあり、昨今非常に人気のスポットでもあるようですよ。


画像




薪神社に立ち寄り。


画像



なんと、ここは能楽発祥の地らしい。
この辺りは、古くから開けた土地だったのでしょうね。


画像





京阪奈自動車道の高架下を抜けて、登山口へ。
消費カロリー47キロ???
ご飯1膳分にもならないじゃん!!と思ったら、登山口まででした・・・



画像




「THE 日本の里山」っていう感じのどこにでありそうな山。


画像




この日はとてもお天気がよかったのですが、空もきれいでした~
でも、ちょっと不思議な刷毛ではいたような雲。
こんなの初めて見た!!



画像





さて登り口。
左と書かれていますが、私たちは右のルートを。


画像




木漏れ日の中を歩く、しかもなだらかな
快適なコース。


画像





後で見てみたら、いろいろコースはあるようです。


画像





「吉やんの滝」気になりますが、別ルートで。



画像




画像




コースのレクチャー。


画像





こういう地図が要所要所にあります。



画像





最初は、ちょっとだけ急登。
すぐ終わります。



画像





ヒノキの小径
よく整備されています。


画像




画像




画像




ここは雄山と雌山のある二上形式の山で、まずは雌山の頂上の三角点、201.6メートル。


画像





かすかに下の方に三角点201.6mと読める・・・


画像





展望台からの眺め。

真ん中、少し右寄りに比叡山が見えます。



画像




実はこの山・・・

平安京を造る際に、その中心線となる朱雀大路が京都の洛北にある船岡山と甘奈備山を結ぶ線上に決められたと伝えられているんです。

グーグルで確かめてみましたが、確かにこの山の真北に船岡山がありました。
三角点の約50メートル東下に白石があり、それが太陽の光の反射によって都から見えて
目印になったともいわれています。
今でもその白石はあるようですが、今回はスル―。


昔の人はすごいね~


画像




ここで昼食を取って、その後は雄山・神南備神社方面へ。
二つ目の頂上を目指します。



画像





画像





画像





画像






画像





画像




画像





この神南備神社が雄山の山頂(221.0m)です。
三角点は見つけられませんでした。





画像





展望台からの眺め。



画像





ちょっとアップにすると、真ん中くらいに京都タワーが小さいく見えました。



画像





後は、この展望台の横からひたすら下り。



画像





ニシキギの小径。


画像





山の途中にあったタマミズキの樹。
遠かったのと逆光でうまく撮れませんでしたが

冬枯れの景色の中で、ひと際赤い実が目立って映えていました。


画像




角度を変えると、全然赤く見えないんですよ・・・・


画像





画像





今回ヤマップのアプリを使ってみました。


こうして見ると、二上形式の山だというのがよくわかりますね。


画像





水色の線が、登ったコースだと思われます。



画像







お天気に恵まれ、
この日の気温は3月並み・・・とても暖かく汗ばむくらいでした。

帰りにステキなカフェで一服。


いい森歩き日和となりました。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • せきあ

    薪神社は、神南備神社の遥拝所だったようですね
    神南備神社は延喜式内社で千年以上もの長い間信仰されてきた式内社です
    元々は山岳信仰なので社殿は小さいですが格式高い神社です
    式内社めぐりもしてますので低山登山と式内社を巡れる良い山ですね
    ハイキングコースとしても整備され展望台も良い感じです
    ここからの下りは写真から大変そうに見えます
    膝が悲鳴を上げそうな長い急な下りですが大丈夫でしたか?
    2019年01月19日 17:29
  • 月奏曲

    上空の気流が強かったようですね、綺麗な巻雲です。
    ヒノキの小径がいい感じかなぁ?落ち着いていて良い雰囲気です。
    神社はちょっと怖いwww



    2019年01月19日 22:00
  • biore-mama

    せきあさん、こんにちは。

    薪神社も神南備神社も、なかなか歴史が古く由緒のある神社のようです。
    しかも甘南備山では水晶も発掘されて、今でも水晶谷という地名も残っていて
    まだ若干採れるようなんです。
    その乱獲を恐れて、人々が近づけないように山を神格化したというお話も残っているようで、なかなか興味は尽きない山です。
    この京田辺一帯も京都と奈良の間で、要所だったのかもしれませんね。
    どことなくゆったりとして豊かな感じのするところでしたよ。
    登りも下りも今回のコースは、急なところは短かったです。
    だから、大丈夫だと思います笑
    2019年01月20日 13:31
  • biore-mama

    月奏曲さん、こんにちは。

    巻雲というのですか???きれいですね・・・
    この日は空もきれいだったし、空気も澄んでいたので遠くの景色もよく見えました。
    しかし、昔の人は目がよかったんですね~
    遠い山同士を結んで、測量に使うなんて!!
    お天気がよかったので、山道も気持ち良く歩けました~♪
    2019年01月20日 13:44
  • りー

    こんにちは♪
    いつも山からの素敵な景色を見させてもらっています。
    (一歩も登ってはいないけれど、そんな気になる?)

    昔は目印なんてほとんどないですからね。
    きっとアフリカ人並みに視力が良かったのかもね
    2019年01月20日 15:26
  • biore-mama

    りーさん、おはようございます。

    確かに見えたけど、目印にするほどまでははっきり見えませんでした、私には笑
    昔の人はすごい!!
    で、ちゃんと南北なんだから、またまた感心しました^ ^
    2019年01月21日 08:38