生誕110年 田中一村展

四条の地下道に、突如として現れた田中一村展のポスター。
展示会の会期は7月14日からだったから、その前だったのだと思います。


それが、こちら。


画像



何?これは???
現代版の琳派か???と、いきなり私の心の中に入ってきてしまいました。

佐川美術館かぁ、まだ日にちもあるし・・・と、思っていたら
ちょうどNHKの日曜美術館でも田中一村をお盆前に採りあげていたんです。
もちろん録画。


見には行きたいけど、なんやかんやと土日は予定が入り、いよいよこの三連休で最後。

日曜日に横浜から帰ってきて、少々疲れてはいましたが
今日が展覧会の最終日だったので、えいっと滋賀県の守山市にある佐川美術館に出掛けて来ました~♪
たぶん、これほどの作品は奄美大島に行かないと見られないかもしれないしね・・・・




佐川美術館は、佐川急便株式会社が創業40周年記念事業の一環として、 琵琶湖を望む美しい自然に囲まれた近江・守山の地に1998年3月に開館いたしました。
日本画家の平山郁夫氏、陶芸家の樂吉左衞門氏の作品も常設されています。



周りに張っているこの水は、琵琶湖を現しているのでしょうか???


画像




向こうに「葦(よし)」の群生みたいに見えているのは、琵琶湖の原風景なのだと思います。
後方の建物は、茶室だそうです。


画像




画像





中の作品は、撮影できないので、入り口で。
この絵なんて、現代の北欧風のテキスタイルにも似てる。



画像





パッと見ると、すごく個性的で大胆な構図と色彩が日本人離れしていると思うのですが
実はこの一村さんは、子どものころから中国の南画を学び、7歳くらいからすでに大人顔負けの絵を描いてて
神童と呼ばれていた方なんです。
その後、東京美術学校(現東京芸大)に入学、同期には東山魁夷とかもいたようです。
家庭の都合で、わずか3カ月で中退し、その後紆余曲折を経て、奄美大島で新しい画風を確立するに至りました。すんごい雑ですが、ざっと紹介するとこんな感じ。



画像





7歳で描いたと言われる南画が数点展示されておりましたが
とても7歳とは思えない筆致。

でも、たぶんこの南画で学んだ大胆な構図や簡潔な表現の方法がその後に活かされたのでは???と思われました。
一村の一生にすっかり魅入られてしまった私は
ミュージアムショップで、ここでしか買えないという本を買ってきました。

これから熟読してみます。


画像




裏表紙に書かれていた紹介文。


『画壇に背を向け
生涯、妻を娶らず
自らの才能だけを信じ
貧窮をものともせず
ひたすら絵をかいた
六十九年の軌跡。
東京・千葉・奄美大島と
移り住んだ一生を追う。
伝説の日本画家
田中一村のただ一冊の伝記です。』



お約束事のクリアファイル。記念にね


画像





今日は最終日だったので、チラシも在庫切れになってしまったみたい。
(メルカリで1枚400円で売られていましたが・・・・ )



この左側のアダンの作品は、箱根にある岡田美術館に行ってしまっていました。残念。
晩年に描かれたもので、1970年代の作品。
とっても斬新。
もちろんモチーフも南国のものだからというのもあるでしょうね。
まだまだ、本土ではアダンなんて珍しかったでしょうから。

やっぱり、私の拙い感想と説明より、実際に見ていただいた方がいいです。
ご興味がありましたら、ネットでお調べくださいね。


画像





いつか、奄美に行ってみよう!!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 月奏曲

    あれ?これ1998~2000年くらいに文庫本化した奴かな?

    子供のころベイスターズが優勝した近辺で見かけたような記憶がちらりほらり…
    母親が読んだ後読んだような記憶あるんだけどなぁ…

    後で書庫(という名の庭の物置小屋)探してみようw
    2018年09月18日 23:00
  • かどやん

    おはようさん
    ラストチャンスでしたね  私は近年美術館へ足を運ばなくなってます ホントは何処でも行って眺めるだけのゆったりした時間の流れなどなくてね。
    奄美大島 是非行ってね・・良い所だと背中を押させて頂きたいわ、私は行きたかったぁ~~。青い海の虜になりますよきっと!。
    2018年09月19日 10:23
  • biore- mama

    月奏曲さん、こんばんは。

    そうだと思います。
    今見たら、文庫版の初版が1999年でした!
    もしかしたら、初版本をお持ちなのでは?
    すごいですね~お母様。
    その頃から、ご存知だったとは!

    ぜひぜひ、再読なさってみてくださいm(_ _)m
    2018年09月19日 20:08
  • biore- mama

    かどやんさん、こんばんは。

    私もなかなか美術館には行きたくても行けないことの方が多く
    気づいたら、終わってた…ということが度々。
    でも、今回は何かが働いたのでしょうね。
    ギリギリ間に合いました(^^;)
    田中一村の絵を見て、奄美に行きたくなりました。
    そのくらい、インパクトのある絵でしたよ。
    2018年09月19日 20:12
  • りー

    こんにちは♪
    お疲れのところだったようですが、素敵な絵を見ることができてよかったですね
    南国がモチーフになっているのだけれど、またハワイとかタイなんかともちょっと違う気もします。
    不思議で、面白いわ
    そういえば、この秋、名古屋で田中達也さんの「見立ての世界」が開催されます。
    いってきま~す
    2018年09月23日 13:36
  • biore-mama

    りーさん、こんばんは。

    ホント、度肝を抜かれてしまいました。
    実は、今日はその対極をいくような東山魁夷展を見に行ってきました~♪
    そちらは、また今度。
    田中達也さん、懐かしい
    娘にも教えてあげよう!!
    私ももう一度見に行きたいくらいです。
    どうぞ、お楽しみに!!
    2018年09月23日 21:16