my garden

アクセスカウンタ

zoom RSS シニアのためのバラ栽培

<<   作成日時 : 2018/07/10 23:35   >>

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 12

先日、アジサイの特集が気になって久しぶりに買った園芸誌に紹介されていたんです。

マダム高木の「シニアのためのバラ栽培」という本。
私自身、まだシニアとまではいきませんが
やはり、以前に比べると体力が落ちてきたなぁと思うことがしばしば。


それなのに、御年84歳になる高木さんはお一人で200株以上ものバラを育てていらっしゃるんですよ。
すごいでしょう!!
私はそんな年齢まで庭仕事出来るんだろうか・・・


というわけで、早速その本、購入しました。


画像




マダム高木の15の知恵

@大きくならない品種を選ぶ

A鉢を大きくするのは避けられない

B無理をせず人にお願いする

Cバラをふやしすぎない

D冬剪定は2回に分けて

E自分に合った道具を使う

F薬剤散布11箇条

G夏は庭にいる時間を短く

H冬は暖かい日を選んで早めに作業

I品質のよい培養土を選ぶ

J市販のボカシ肥料を利用する

K秋バラを十分に楽しむ

Lつるバラ選びは慎重に

M忘れられない品種を育てる

Nバラに追いかけられるのではなく、バラを追いかける    以上


この中でいくつか私が気になったものは・・・


まずは@CLM。大きくなる品種はだんだん手入れが大変になるので、
扱いやすい小さいバラに少しずつシフトしていけばいいということなのだと思います。
いつ、どの程度にするかは、人に寄るのでしょうけど
自分にあった品種と量を見極めなければいけませんね。


高木さんは80歳になるまでは、高いところの誘引や消毒、施肥や剪定、
堆肥作りまで、すべてご自分でやってらしたそうですが
80歳になってからは、人の手を借りるようになったのだそうです。
最初は、少し抵抗もあったようなのですが
毎日バラに気持ちを割いていれば、自分でバラを咲かせたという充実感は持てるそうです。
それと大事なのは、人にお願いするときは、自分と同じようにはできないと割り切り、完璧を求めないこと。
う〜〜〜〜ん、これよくわかります!!
人の手を借りたり、I品質の良い培養土やJ市販の肥料などに
自分のできない部分は補ってもらうというのは、潔くていいなぁと思います。
そうして、GH身体や心に無理をさせず、ストレスなく出来るだけ長くバラを育てていこうという考え方でした。



E自分に合った道具を使うというのは、剪定ばさみの重さとか、ばねの強さとか
段々握力が落ちてきたら、道具も見直すということ。
簡単なカスタマイズの方法も載っていましたよ。


そしてN
追いかけられるのではなく、追いかけること。
それには、やりたいことだけをやる・・・だそうです笑
義務ではなく、好きなことですからね。苦痛になったら、止めてしまいますものね。


そっかぁ・・・高木さん、今はいろいろな人にお手伝いをしてもらってるのね。
そりゃ、そうよね。
ちょっとホッとしました。
でも、年齢で諦めていないところが、高木さんらしい。
怪我をしないためのストレッチや、身体のお手入れについても書かれていて参考になりました。
長く続けるには、知恵が要りますね!!


全然レベルは違うけど
なるべく自分で庭仕事楽しめるように、私も工夫しないと!!




先日、スモークツリーを別の鉢に植え替えて独立させました。


画像




掘りあげた時に、ワイヤープランツも根が絡んで少しくっついてきました。



ワイヤープランツの花。


画像




スモークツリーの葉っぱは丸くて、なかなかビジュアルもいいので
ベランダに置いて、観葉植物みたいに楽しむことにしました。



画像





それと・・・これ、上の写真と比べて見て、いかがですか?



画像




実は、下の写真は網戸越しなんです。

今回、部屋をリフォームしたついでに、ベランダもプチリフォーム。
自分たちでトレリスを設置して、床にはデッキみたいなパネルを敷いて
今までよりコマシにしてみたのですが、その集大成が網戸。
今までは、白い網でしたが
今度は私の希望で、黒地の網を張ってみました。



どうです?
景色が白っぽくならなくていいと思いません??
実は、この色にすると外からも家の中が見えやすいようなのですが
うちはたまたま、裏のお宅の窓がこちらは閉めっぱなしなので、これで良しとしました。
家の中側が黒で、外側が銀色というのもありましたよ。
それは、外からも中が見えにくいらしいです。


まぁ、欲をいえば、あとはオーニングかな・・・笑

せっかくリフォームしてお気に入りの部屋にしたのに、なかなかゆっくり休む暇なし







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 43
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは♪
この15カ条は、バラだけに限らす庭づくり全般に言えることかもしれませんね。
庭を作り始めたころは色々なものを集めたり、早く大きくなってと思っていたけれど、今はいかに増やさず今あるものを素敵に咲かせるようシフト気味です。

網戸にも色々あるんですね。
スモークツリーの鉢植えが網戸越しだなんて分からなかったです。
ベランダガーデニングもエンジョイ〜
りー
2018/07/11 11:09
りーさん、こんばんは。

そうなんです、バラだけじゃなく
他にも言えることですね。
庭も自分の思い描いていたものと、少しずつ変わってきました。
84歳ともなると、元気でも毎日の生活が結構しんどいことも多くなるだろうに。
来年のバラの心配をしているなんて素敵ですよね。
私もそんなシニアになりたいものです。
ベランダもあっと言う間に、亜熱帯になってしまいました〜。
せっかくのベランダガーデニング も、
これから、お花たち北側の玄関前に少しずつお引越しです笑
biore- mama
2018/07/11 20:52
ついでに手伝ってもらったら不満あろうがなかろうが無茶苦茶褒めまくって褒め殺せば相手も自分が育てた気になって積極的に手伝ってくれそうwww

ちなみにわたくし、褒めようがけなそうが元手かからないので学生は褒めて育ててますwww
よく育ちますwww

元手かからない←これ大事!
月奏曲
2018/07/11 21:41
バラを育てる技術的なことだけじゃなく、心持ちまで書かれている本なんですね。
それにしても、網戸の色のこと初めて知りました。いつかはリフォームを考えているので、参考になります。うちはマンションで外からの視界も気になるので、外が銀、中は黒っていいなと思いました。
Muni
2018/07/12 06:41
月奏曲さん、こんばんは。

元手がかからない・・・確かに
わたしも月奏曲さんの生徒だったら、よかったのにぃ。

うちの家族は、私の楽しみを取っちゃいけないから・・・と屁理屈をこねて
逃げ回っています
やっぱり、ときどき倒れたフリでもしないとダメかもね笑
そこから、誉めて誉めて誉め殺してみま〜す
biore-mama
2018/07/12 22:15
Muniさん、こんばんは。

庭仕事に限らず、あるある!なんですけどね、私たちくらいになると。
今までと同じようには出来なくなるのに、
諦められなくて悶々としてしまうんですよね
出来なくなった自分に自信が無くなったり、環境を恨んだり。
それで嫌になって、投げ出してしまったり。
でも、現実を受け止めて
いろいろなことと折り合いをつけるというのも大人だからこそ!!
そうして、出来る範囲で長く楽しみましょ
そんなメッセージを感じ取りました。

網戸の網、ホームセンターに行くといろいろ種類があって面白いですよ。
簡単に上手に張ることが出来る道具もあって、ビックリ。
昔とは全然違って便利になりました〜♪
biore-mama
2018/07/12 22:25
なるほどね
バラを増やしすぎない
気を付けないとダメです〜
その本覗きに行ってみます
力仕事がだんだん億劫になってきてるので
いかに楽に 楽しく作業ができるかですね
ワイルドストロベリー
2018/07/13 09:59
ワイルドストロベリーさん、こんばんは。

まだいろいろ欲しくなりますよね〜
いつか手が回らなくなれば、きっと枯らしちゃったりして
自然に整理されるんじゃないかなぁとも思いますけどね
まずは楽しくなくっちゃね!!
biore-mama
2018/07/13 22:57
84歳で200株のバラの手入れ
というと、ちょっと驚いてしまいますが、
要は実践的な細かい工夫の積み重ねなんですね。
園芸以外の生活全般にも応用できる
素敵な人生の智慧のようにも思えました。
yasuhiko
2018/07/14 10:52
yasuhikoさん、こんにちは。

高木さんはバラ界では有名な方なので、
私が初めて知ったのは、もう10年以上も前になります。
当時70代前半だった高木さんは、高い梯子にもご自分で登って作業をしている写真を見て驚いたのを覚えております。
急に、年を取るわけではないので
少しずつご自分でできるように工夫なさって来られたのだと思います。
出来ないことが多くなっても、決してあきらめず
続けるための知恵を働かせるという前向きな生き方に共感を覚えました見習いたいものです。
biore-mama
2018/07/14 19:52
今日は
薔薇の事では有名な方ですね
200とは凄いですね〜
育てることが元気の源でしょう^^
すーちん
2018/07/15 10:39
すーちんさん、こんばんは。

たしかに、育てることが元気のモトなのでしょうね。
それにしても、本を読んでいると
ご自分でなさらず、どなたかの手をお借りしても
よ〜く考えていらっしゃいます。
それも、若さの秘訣かもしれないですね。
biore- mama
2018/07/15 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
シニアのためのバラ栽培 my garden/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる